アカゲラ(19年12月)

気比の松原の林内に入ったとたんに、キョッ、キョッという鳥の声が聴こえました。

ヒヨドリの声とは異なり、誰だろうと探すと、マツの枝にアカゲラがいました。

気比の松原ではこの数年、アカゲラの姿を見ていなかったので、久しぶりです。

11月の初めにキクイタダキを探しに来た野鳥の会のTさんがアカゲラを目撃したと話しておられたので、アカゲラをじっくり見ることができてラッキーです。

何枚か画像を撮って、動画も撮影しました。最近一脚を持たないので、高い所を動画で撮影するのは腕が疲れて大変です。

三脚がベストですが、一脚くらいは持っていこうと反省しました。

動画を見ると、アカゲラはつつくときに目をつぶるのが分かります。また、マツの樹皮の中にいる白い虫を食べていました。

s-DSCN4563(2).jpg

s-DSCN4566(2).jpg

s-DSCN4569(2).jpg

s-DSCN4573(2).jpg

s-DSCN4577(2).jpg

ウミアイサのメス(19年11月)

自分のブログ記事を見直していたら、ウミアイサのことが目にとまりました。

カワアイサと思ってスルーした昨日の画像をもう一度見て、ウミアイサのメスであろうことがわかりました。

今年は10月末から笙の川河口でカワアイサを見てきていたので、カマボコ突堤の横で潜水しているアイサをカワアイサのメスとしていましたが、くちばしの先がかぎ状になっておらず、首の白い部分が不鮮明なのでウミアイサのメスと判断し直しました。

全国的なガンカモ調査では、ウミアイサは2000羽くらいカワアイサは5000羽くらい確認されており、ウミアイサの方が確認数が少ないようです。

これまで笙の川河口でもカワアイサは1~8羽、ウミアイサは1~2羽で行動しているところを目撃しており、ウミアイサの方が少ない印象です。

s-DSCN4535(2).jpg

s-DSCN4536(2).jpg

s-DSCN4538(2).jpg

s-DSCN4539(2).jpg





posted by スローライフ櫛川 at 12:00Comment(0)カモ科

笙の川河口のオカヨシガモ(19年11月)

午前中は小春日和で、気比の松原の林内ではいろんな鳥が賑やかでした。

騒がしいくらいなのはヒヨドリで、地面近くではウグイスの地鳴きもよく聴こえます。

ルリビタキのメスも目撃しましたが、カメラで捉えることはできませんでした。

双眼鏡ではツグミの姿も見れたので、ルリビタキ・ツグミ・ビンズイの今冬の姿を記録できる機会がそのうち来ると思います。

海岸ではヒドリガモが20~30羽、海藻を食べに突堤のそばにいました。

笙の川河口の浅瀬にはセグロカモメ主体に大型のカモメ類がたくさんいました。ウミネコもいましたが1羽だけユリカモメが混じっていて、不思議な感じです。

かまぼこ突堤側にオスのオカヨシガモが2羽いました。ヒドリガモとは少し離れたところにいて、すぐにオカヨシガモであることはわかりました。

数は多くありませんが、笙の川河口でも井ノ口川河口でも冬の時期なら時々姿を見ることができます。

オカヨシガモはかまぼこ突堤の壁際に頭を突っ込んで海藻を食べようとしていました。

s-DSCN4524(2).jpg

s-DSCN4525(2).jpg

s-DSCN4526(2).jpg

s-DSCN4532(2).jpg
posted by スローライフ櫛川 at 12:00Comment(0)カモ科

貯木場のアカエリカイツブリ(19年11月)

3つあるうちの一番北の貯木場と井ノ口川の間に水路のような場所があります。このあたりでは、永大産業が操業していないと、10種近くのカモの仲間の姿を見れ、カワセミの声も耳にし、野鳥がのんびり過ごしているように感じます。

この日はカワウ・カルガモ・コガモ・アオサギ・オオバンに混じって、冬羽のアカエリカイツブリも1羽いました。

逆光の位置からしかカメラが向けられないので証拠写真として撮りましたが、大きさから最初はハジロカイツブリかと思いながらともかく画像にしておきました。

あとでゆっくり見ると目が赤くなく、くちばしの付け根は黄色く、首は白くない中型のカイツブリなので冬羽のアカエリカイツブリだと判断しました。

アカエリカイツブリは9月に夏羽の個体を松原海岸で観察しましたが、冬羽の個体は初めて見ました。

s-DSCN4507(2).jpg

s-DSCN4508(2).jpg

s-DSCN4512(2).jpg





井ノ口川のカワアイサ(19年11月)

10月末に笙の川河口でカワアイサのメスを見かけ、笙の川ではその後も何回かカワアイサは目撃していました。

井ノ口川でもようやく3羽のカワアイサに出会いました。オスの頭部はメタリックな緑黒色で鮮やかな印象です。

1羽はよく見ると換羽中のエクリプスでした。こちらはボサボサで、色合いも今一ですが、この冬の間にきれいに換わるのだと思われます。

井ノ口川は笙の川より川幅も狭く、かなり近くで観察できます。この日は、大量のカルガモにコガモ・オオバン・カワアイサ・マガモが見れました。

s-DSCN4493(2).jpg

s-DSCN4494(2).jpg

s-DSCN4501(2).jpg
posted by スローライフ櫛川 at 12:00Comment(0)カモ科

井ノ口川のコガモ(19年11月)

永大産業がお休みで、煙突の煙が出ていないので、井ノ口川から貯木場方面にカモを見に行きました。

川の土手に上がったら目の前の水面に2羽のコガモ(♂)がいました。対岸の土手を散歩している家族連れが近づいてきて、コガモもこちらに向かって泳いできました。

コガモは永大産業のすぐ隣の一番北の貯木場にもたくさん休んでいます。貯木場の場合はあまり近づくことはできませんが、井ノ口川の河川公園周辺はかなり近くから観察することができます。

s-DSCN4496(2).jpg

s-DSCN4497(2).jpg

s-DSCN4522(2).jpg

posted by スローライフ櫛川 at 13:00Comment(0)カモ科

強風の中のミサゴ(19年11月)

寒気が入ってきて、肌寒い日のことです。海岸に出るとかなりの北風で、海は白波が立って、探鳥にはふさわしくない状態でした。

花城沖の消波ブロックに囲まれた海面や消波ブロックの上に合計で200羽を超えるマガモの群れが避難するように集まっていました。

s-DSCN4409(2).jpg

笙の川河口では、久しぶりにミサゴに遭遇しました。上空でホバリングして魚を探していましたが、強風で同じ位置をキープするのにいつも以上に羽ばたいて大変そうでした。

水面は波立っているのでこんな状態で魚を探せるのか不思議でしたが、しっかりダイブして魚を捕らえたのには感心しました。

s-DSCN4460(2).jpg

s-DSCN4465(2).jpg

s-DSCN4466(2).jpg



posted by スローライフ櫛川 at 16:00Comment(0)ミサゴ科

イソヒヨドリ(19年11月)

イソヒヨドリは決して珍しい鳥ではありません。海岸に近い所では、民家の屋根で鳴いていることもあり、近年は海から遠く離れた街中でも見かけることが増えました。

気比の松原をウォーキングするようになって、イソヒヨドリを知ったのが4年前ですが、この4年の間にも自宅の周りで見かける頻度が増え、イソヒヨドリの都市部への進出は進んでいるように感じています。

大阪に用事で出かけた時にも、イソヒヨドリの鳴き声を耳にし、大阪湾からはかなり離れた場所だったので、内陸部に進出しているのは間違いないと確信しました。

鳥類学雑誌には2014年にイソヒヨドリの都市進出の記事が掲載されており、コンクリートの高層建築物がイソヒヨドリの新たな住処になっているようです。

イソヒヨドリはオスがきれいな色をしていますが、メスも模様が細やかで美しい姿です。

s-DSCN4127 (2).jpg

s-DSCN4398(2).jpg

s-DSCN4399(2).jpg



posted by スローライフ櫛川 at 17:00Comment(0)ヒタキ科

キクイタダキ(19年11月)

軽いギックリ腰のような腰痛と微熱も出て、体調が今一つすっきりしない状態が続き、キクイタダキの確認は先送りされていました。

この日もカラ類の混群に遭遇し、双眼鏡でエナガ・ヒガラ・シジュウカラは確認しました。エナガ以外の鳥を探し、ウグイスの姿もあり、オオムシクイもまだいるようで、キクイタダキは双眼鏡ではっきり確認したわけではありません。

エナガの鳴き声がする方向に進み、エナガ・シジュウカラ以外の鳥を手当たり次第に撮影しようとカメラのファインダーから覗いて、フレームに入ったらとにかくシャッターを押すというやり方で、その中にキクイタダキらしき画像を確認した次第です。

s-DSCN4347(2).jpg

s-DSCN4348(2).jpg

s-DSCN4351(2).jpg


ブログに載せられるほどましな画像ではありませんが、証拠写真として載せておきます。キクイタダキは名前の通り、特徴的な頭頂部を撮りたいのですが、今シーズン、これからもう少しましな画像が撮れたらと考えています。

ただ、カメラ撮影は双眼鏡でじっくり観察するのと半々にして、ストレスがたまらないようにしようと思っています。




ハジロカイツブリ(19年11月)

気比の松原の林内ではキクイタダキの期待が高まっており、目撃情報もいただいているのですが、今年はまだ確認できていません。

この日は双眼鏡でカシラダカを見ることができましたが、撮影はできず、西半分でUターンして花城海岸に出ました。

昨年11月にも1羽のハジロカイツブリに出会いましたが、今年も1羽、波打ち際で魚を探して潜水を繰り返していました。

貯木場方面からやってきたと思われるカルガモが7羽、波打ち際から砂浜に上がって休んでいました。

ハジロカイツブリはかなり近くでも平気なようで、すぐに潜るのでなかなかうまく撮影できません。

s-DSCN4330(2).jpg

s-DSCN4331(2).jpg

s-DSCN4334(2).jpg

s-DSCN4336(2).jpg



花城のマガモ(19年11月)

北海道では雪が降ったそうですが、敦賀も北風が冷たく感じられるようになってきました。秋晴れでいいウォーキング日和なので、いつものコースで気比の松原ウォーキングに向かいました。

林内ではまだオオムシクイの姿は見ることができ、ストレスのたまる写真撮影は二の次にして、双眼鏡でじっくり見させてもらいました。

松原海岸は、いろんな鳥の秋の渡りのコースに位置しているようで、渡りの途中に休息する場所として使われることが多いようです。

この日も、海上からカモの20羽ほどの一団がやってきました。敦賀半島の付け根付近で、上昇して山越えをしようとしましたが、Uターンして着水しました。

その姿を追って、海岸を西に歩いて、漁協の漁船修理施設の先まで行きました。

陽に当たって、オスの頭部の緑色光沢が鮮やかなマガモの一団を堤防の横から撮影できました。

貯木場に行けば、近くでマガモに出会えますが、こちらの方が居心地がいいように見えます。

マガモの一団に辿り着くまでに、松原海岸の沖にはカンムリカイツブリの一団がいて、ホシハジロと思われるカモも2羽混じっていました。

花城海岸にはカルガモが2羽波打ち際でエサを探しており、沖には30羽以上のカルガモの一団もいました。カルガモは井ノ口川や貯木場にいる集団だと思われます。

気比造船の港内にはヒドリガモの一団がいて、このあたりの海面や消波ブロックの上はこの冬もカモ類の休憩場所の一つになるようです。

s-DSCN4308(2).jpg

s-DSCN4309(2).jpg

s-DSCN4310(2).jpg



posted by スローライフ櫛川 at 17:00Comment(0)カモ科

オオムシクイ2(19年11月)

オオムシクイの地鳴きを録音すべく、気比の松原の林内に向かいました。

オオムシクイは、道路に近い西側から入ったすぐのところでよく見かけます。人間が生活しているところに近い方が、エサとなる虫が多いのではないかと推測しています。

長崎県で秋のムシクイ調査を3年間している方の情報では、コムシクイは8月下旬~10月初旬、オオムシクイは9月下旬~11月初旬、メボソムシクイは9月中旬のわずかな期間に観察されるそうで、この3種の混群は観察されていないそうなので、10月中旬~11月初旬に観察されるのはオオムシクイということになります。

いくつか他のブログを見させてもらうと、オオムシクイは10月から11月後半まで記録されており、秋には一番多く観察されている印象です。

この時期、気比の松原で、かなりたくさん観察できるのがオオムシクイで、わたしが昨年10月に、メボソムシクイ?というタイトルで書いた記事もおそらくオオムシクイだと思われます。

画像の方は相変わらず今一なものばかりで、双眼鏡でじっくり観察する方がストレスにならないかもしれません。

s-DSCN4200(2).jpg

s-DSCN4214(2).jpg

s-DSCN4219(2).jpg

車道に近いところでオオムシクイの地鳴きを7秒間だけ録音しました。もっと長い時間鳴いていたのですが、道路を走る車やバイクの音の方が大きく、道路からの騒音が無くなる一瞬だけを録音し、次に静かになったときにはオオムシクイの声もしなくなっていました。




モズとジョウビタキのメス(19年10月)

11月になっていますが、これも先月末のことです。

貯木場のそばの木のてっぺんでモズが鳴いていました。こちらは農道の上で姿を隠すことができず、まごまごしているうちに、うしろからウォーキングの人が追い越していって、モズは逃げてしまいました。

s-DSCN4003(2).jpg

農道の横の民家の前に、ジョウビタキのメスが飛んできて、セイタカアワダチソウの上にとまりました。

白い紋が写せないままこちらもしばらくして姿が見えなくなりました。

s-DSCN4007(2).jpg

モズは気比の松原のグランドの横でも見かけました。

前に枝や草が被って、ピントがうまく合いません。

s-DSCN4133(2).jpg

s-DSCN4134(2).jpg

このモズのそばにジョウビタキのメスがやってきて、不思議なことにしばらくモズの周辺を行ったり来たりしていました。

s-DSCN4137(2).jpg

撮影はどっちつかずで、このときもまごまごしているうちに2ショットは終わってしまいました。

posted by スローライフ櫛川 at 12:00Comment(0)モズ科

オオムシクイ(19年11月)

10月末~11月当初のことです。

気比の松原の林内で緑色っぽい小鳥がマツの枝や広葉樹の枝の間をせわしなく動き回ります。

下から見上げて、ほとんどお腹しか見えず、誰かなかなか分かりません。

ようやく、顔の一部を写すことができ、白い眉斑でムシクイの仲間であることは分かりました。

ただ、何ムシクイかは撮影できた画像の情報からはよく分かりません。

もう少しましな画像が撮れたらとも思うのですが、なにせ相手はよく動くので、なかなかフレーム内に収まらないのです。

鳴き声で区別できるようですが、撮影距離に近づくと警戒していて静かに動き回ります。

メボソムシクイは標高のある本州と四国の針葉樹林で繁殖するようですが、渡りの時期には平地の林にも姿を見せるそうです。

メボソムシクイは今ではコムシクイ・オオムシクイ・メボソムシクイに分かれるそうですが、オオムシクイとメボソムシクイは形態上は見分けがつかず、鳴き声で区別するようです。

警戒する前に遭遇できる機会が訪れ、ジジッ、ジジッと大きな声で鳴いていたので、オオムシクイであることがわかりました。この間、出会ったムシクイの仲間が全部オオムシクイかどうかは分かりませんが、少なくとも2回はジジッ、ジジッと鳴きながら動き回っていました。

s-DSCN4153(2).jpg

s-DSCN4157(2).jpg

今年できるかどうかは分かりませんが、オオムシクイの地鳴きはきちんと録音するようにしようと思います。

笙の川河口のカンムリカイツブリ(19年10月)

カワアイサのメスがいた笙の川河口の少し沖側に、カンムリカイツブリも1羽いました。

s-DSCN4090(2).jpg

カワアイサの方を注目しているうちに、カンムリカイツブリは沖の方に遠ざかって行き、ウミネコやユリカモメ・セグロカモメ・カワウのいる浅瀬の手前で潜水して魚を探していました。

浅瀬の手前、対岸の赤灯台の突堤の中腹にできた砂だまりにはヒドリガモが8羽ほど休んでいて、カメラを持ってウロウロしてもまったく動じない様子です。

それに比べてカンムリカイツブリはどんどん沖に逃げていき、かまぼこ突堤の先まで追いかけて数枚撮影しました。

s-DSCN4107(2).jpg

s-DSCN4111(2).jpg

s-DSCN4112(2).jpg

笙の川河口のカワアイサ メス(19年10月)

笙の川河口にカワアイサのメスが1羽来ていました。この秋、最初の目撃です。見かけるときは数羽のことが多いのですが、この日は単独でした。

盛んに魚を獲っていました。昨年、追い込み漁のように水面をバタバタ走りながら魚を追いかける動画を撮影しましたが、この日は普通に潜水していました。

撮影位置の関係で今回も逆光気味ですが、これからカワアイサは井ノ口川でも見られるようになると思います。

s-DSCN4094(2).jpg

s-DSCN4095(2).jpg

s-DSCN4096(2).jpg

s-DSCN4097(2).jpg

posted by スローライフ櫛川 at 16:00Comment(0)カモ科

ヒドリガモの近距離撮影(19年10月)

数日前に気比の松原の沖に10羽以上のヒドリガモが着水し、いよいよカモのシーズンになりました。

貯木場は3か所あって、一番大きな貯木場の水面に、たくさんのキンクロハジロとは別のかたまりで、20羽くらいのヒドリガモがいました。

いずれも距離があって撮影してみましたが、あまりいいものは得られませんでした。

笙の川河口に行ったら、沖の浅瀬の近くでウミネコやカワウの横に数羽のヒドリガモがいました。

砂が堆積したかまぼこ突堤の先までいって近距離撮影をしようとカメラを向けると、案の定、ヒドリガモは沖に逃げようと水の上を移動し始めました。

目の前の消波ブロックにも2羽のヒドリガモが休んでいて、浅瀬から移動してきたヒドリガモと合流しました。

消波ブロックの上にはウミネコやカワウが休んでいて、わたしが近づいても逃げようとしないので、ヒドリガモもこちらに向かってきました。

これ幸いと、かなり近距離で撮影することができました。

s-DSCN4048(2).jpg

s-DSCN4056(2).jpg

s-DSCN4057(2).jpg

s-DSCN4061(2).jpg

s-DSCN4063(2).jpg

s-DSCN4066(2).jpg

ヒドリガモの類似種としてアメリカヒドリというのがいて、メスのアメリカヒドリに近い印象の頭の色のうすい個体がいましたが、くちばしの基部に黒い縁取りが無いので、ヒドリガモもしくは交雑種のメスという判断をしました。

ヒドリガモもアメリカヒドリがいないか注意して見る必要がありそうです。

posted by スローライフ櫛川 at 17:00Comment(0)カモ科

町内のジョウビタキ(19年10月)

数日前から櫛川の自宅のまわりでジョウビタキの鳴き声がしていて、姿を確認しようとすると逃げられるということが続いていました。

今日も昨日と同じ場所の電線にとまり、カワラヒワやスズメを追っ払って鳴いていました。北側からの撮影で、空を背景に逆光状態なので、証拠写真程度にしかなりません。

まだ警戒心が強く、カメラを向けるとすぐに飛び立ってしまいますが、このあたりを縄張りにしているようで、ヒッ、ヒッという声がよく聴こえるので、何回か相手をしてもらおうと思います。

s-DSCN3988(2).jpg

s-DSCN3991(2).jpg
posted by スローライフ櫛川 at 16:00Comment(0)ヒタキ科

貯木場のキンクロハジロ(19年10月)

珍しく永大産業の煙突から煙が出ていないので、貯木場方面にカモの観察に向かいました。北から寒気が入ってきてパラパラと雨が降ってくる生憎の天候で、さっさと切り上げざるをえませんでしたが、貯木場には、カルガモ・キンクロハジロ・マガモ・スズガモがいました。

留鳥のカルガモを除いて、一番多いのはキンクロハジロです。春も最後まで残っていましたから、次の春までこのあたりをねぐらにするのだと思われます。

カモ類が来ていることは予想されていたものの、天候と都合が合わずになかなか足が向きませんでした。昨年、貯木場では10種くらいのカモを確認しているので、今年もこれからが楽しみです。

s-DSCN3976(2).jpg

s-DSCN3981(2).jpg

s-DSCN3982(2).jpg
posted by スローライフ櫛川 at 12:00Comment(0)カモ科

ハクセキレイとセグロセキレイ(19年10月)

気比の松原の林内ではコサメビタキを目撃しましたが、動きが速くうまくとらえられません。春にはたくさん撮影しましたが、秋に撮影したことが無いので、南に移動する前に記録しておこうと思っているのですが、まもなく南下してしまいそうな気がしています。

浜に出ると、沖の水面に4羽の水鳥がいて、珍しい鳥かとカメラを向けましたが、オオバン4羽でした。

浜ではハクセキレイが歩き回っています。2羽でじゃれ合うように少し飛んで、また同じ場所に戻ってきます。

ハクセキレイは、セグロセキレイと識別することだけを気にしていましたが、ネットの図鑑を見てみると、亜種が何種もあって、もう少し注意深く観察する必要があると思い知らされました。

過眼線のないホオジロハクセキレイやシベリアハクセキレイは明らかに違いますが、過眼線はあるが夏でも背中が灰色で、胸の黒色部は喉の上まであるタイワンハクセキレイはハクセキレイの若鳥と見分けるにはしっかり違いを意識しないといけません。

s-DSCN3910(2).jpg

s-DSCN3912(2).jpg

s-DSCN3915(2).jpg

s-DSCN3916(2).jpg

s-DSCN3941(2).jpg

s-DSCN3943(2).jpg

笙の川河口の消波ブロックの上にセグロセキレイもいました。ハクセキレイに追いやられて生息域が減少しているそうです。今回は遠くてあまりうまく撮影できませんでした。

s-DSCN3843(2).jpg

s-DSCN3844 (2).jpg